研修会・勉強会案内

2013年定例研修会ご案内

22回 全国定例研修会のご案内   Einladung zum Seminar

 

多くの皆様のご参加ありがとうございました。

会員の方は、報告書が出来上がり次第、ニュースレターでお知らせいたします。

 

201212月5

会員の皆様

日本語教育関係者の皆様

 

 いよいよ師走となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 2013年第22回全国定例研修会の開催要項が決定いたしましたので、

ご案内申し上げます。

今回はヨーロッパ各地でご活躍中の、福島青史先生(ロンドン)、近藤裕美子先生

 (アイルランド) 奥村三菜子先生(日本、元ドイツ)3人の先生方をお迎えして、

「ヨーロッパ言語共通参照枠

 Common European Framework of Reference for Languages (CEFR)」をテーマに、メルヘンの町ブレーメンで開催されます。開催に当たってはケルン日本文化会館(国際交流基金)より多大なご支援を頂いております。

 

日程:

2013315()15時 ~ 17()12時半 14時より受付開始)

 タイムスケジュールは、一番下に掲載のPDFをご覧ください。

場所:

Jugendbildungsstätte Bremen LidiceHaus

Weg zum Krähenberg 33 a, 28201 Bremen
Tel 0421-692720, Fax 0421-6927216,
Lidice@lidicehaus.de 

http://lidicehaus.de/de/ (ブレーメン中央駅より4キロ、市電/タクシー)

 

講師:

福島青史先生(国際交流基金ロンドン日本文化センター日本語教育チーフアドバイザー)

近藤裕美子先生(国際交流基金派遣、アイルランド教育技術省所属日本語アドバイザー)

奥村三菜子先生(お茶の水大学、元ボン大学、元ケルン日本文化会館)

 

研修内容:

テーマ「CEFRの理念とその実践」

昨今、巷でよく耳にする「CEFR」。この正体は一体何なのでしょう?

研修会では、このCEFRがどんなもので、なぜ登場したのか、

また、CEFRを取り入れた授業の実態とはどのようなものなのか、などについて

ご説明・ご紹介させていただきます。また、これから私たちがCEFR

どのようにつき合っていけばよいのか、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

(奥村先生、近藤先生、福島先生より)

 

 

参加費

 

 

 

 

 

会員 124,50ユーロ (一人部屋シャワー・トイレ付き)

   100,50ユーロ (二人部屋シャワー・トイレ付き) 

           鍵は一人ひとつずつあります。


非会員 上記の額に50ユーロ加算した金額となります。

1)上記の値段には23日宿泊代、金曜日の夕食から日曜日の朝食までの

 お食事代、及び休憩時の喫茶代が含まれていますが、

 日曜日の昼食は含まれていません。

2)ベジタリアンの方はお申し出ください。

3)申し込み後の取り消しには、キャンセル料がかかります。              

  自己負担となりますので、予めご了承ください

  (228日まで50, 31日~11日まで75, 312日~100)

 

申し込み先:

こちらからお申し込みください。

 

締め切り:

まだ部屋数に余裕がありますので、お申し込みおまちしております。

 

第二信の送信:

20132月初旬頃に参加申込者へ確認書、参加費納入方法、プログラム詳細、

参加者名簿などをお送りします。

 

使用言語:

日本語

 

発表者募集:

参加者による発表を予定しています。日ごろの実践、研究を発表する良い機会です。

ご希望の方はお申し込みの際、その旨をお書き添えください。なお、発表の部では

「まるごと」を使った授業と実践ビデオをケルン日本文化会館の先生方より

ご紹介いただく予定です。

 

問い合わせ:

第22回定例全国研修会実行委員会

E-Mail: vhs.nord(アットマーク)gmail.com (アットマークを@に代えてください)

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 ドイツVHS日本語講師の会

 2013年全国定例研修会 実行委員会

ニーダーザクセン、ブレーメン

ハンブルク、シュレスヴィヒホルスタイン

 

 

 

タイムスケジュール表
2013Seminar_Plan.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 125.3 KB